月子トップ画4.jpg

〜「幸せのツボ」をピックアップ♪ 月子厳選特設会場〜

★【全部無料】2017年の占いのチェックはこちらでどうぞ♪★

2013.11.22

石井ゆかり2014年の星占いが袋とじ特別付録♪フィガロジャポン1月号の感想

ご訪問ありがとうございます。
「幸運と癒しのbookカフェ」
オーナーの月子です。

毎年恒例のお楽しみるんるん

とじ込み付録に

石井ゆかりさんの星占い

が付くフィガロジャポン1月号が届きました〜。
↓  ↓  ↓
13-11-22_001.jpg
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2014年 01月号 [雑誌]

2013年が前半・後半で
大きく運気が切り替わったように、

2014年も7月を境に
運気がガラリと変わる予報。


ポイントをちょこっとだけ
ご紹介しましょう。

まず、とじ込み付録の構成。

かわいい2013年の振返りと2014年の全体の展望

かわいい12星座別「自分が感じる自分」「人から見た自分」

かわいい12星座別の2014年の運勢と3つのターニングポイント

となっています。

2013年初夏に木星が蟹座に入ったことで

魚座の海王星 蠍座の土星

という3つの星で大きな三角形
グランドトラインが描かれました。

これらはすべて水の星座。

感情を主体とする結びつき、
個人の内面を見つめる姿勢、
器によって自在に形を変える柔軟性、
過去・現在・未来と流れゆく時間への想い…


そんなしっとり感が大切にされる
時間が今は流れています。

これが2014年後半になると

木星が獅子座、土星が射手座

という火の星座へ移動。

これが天王星のいる、やはり火の星座の牡羊座
と今度は三角形を描きます。

水のグランドトラインから
火のグランドとラインへ。


星の時間は大きく舵を切っていきます。

じっくり見つめた内面を
今度は外側の世界、他者に向かって
伝えていく流れが生まれるのです。

そこには「爆発」「ぶつかり合い」
と言ったキーワードも浮かんできます。

穏やかではないですが、
そうすることで新たに発見すること、
生まれてくる自分もあるのかもしれません。


12星座別の年運では、星座全体に
共通する占いのほかに、生まれ日によって

「前期・中期・後期」

という3つのタームに区切って、より詳しい
2014年の運勢ポイントが紹介されています。

特定の日付を3つ挙げて、
「ターニングポイント」として
示してくれているのも、参考になります。

月子は、切り取って手帳の該当日に
貼り付けちゃいます。

これは今年のもの。
↓  ↓  ↓
13-11-22_002.jpg

毎号の巻末星占いも石井ゆかりさんなので、
12月中旬までの月間占いも読めます。

なので、

ひらめき今年の運気で対応しておきたいこと

ひらめき来年の運気を活用するための準備

を見極められる1冊となっています。

本誌の内容はメイン特集が
「美しい人、カッコイイ人」。

今をときめ最旬の女優・俳優・アスリート
のグラビアが堪能できます。

ドラマ『ラストシンデレラ』で
その魅力にノックアウトされた
三浦春馬くん、素敵でしたハートたち(複数ハート)

また、人気風水師・李家幽竹さんによる
2014年のラッキーモチーフの活かし方が
わかる特集も参考になりました。

パンドラというデンマーク発の
ジュエリーブランドとの
コラボ記事になっています。

パンドラって初めて知りましたが、
めちゃくちゃ可愛いぴかぴか(新しい)

革やシルバーなど好きなベルトを選んで
チャームを足すことで、オリジナルな
ブレスレットを作れるんです。

洋服に合わせてチャームを変えたり、
記念日ごとにチャームを買い足したり…

そんな楽しみ方もできるようです。

梨花さんや紗栄子さんも
ご愛用だとか。

こちらにたくさん紹介されています。
見ているだけでも楽しいるんるん
楽天でパンドラのプレスレットを探す


2014年は風水では「風」の年に当たり、
形あるモチーフのパワーが強まるんですって。

マスコットやチャームなど
意識的に取り入れていきたいですね。

また、ワイン好きな月子としては
女性が造るブルゴーニュワインの特集も
面白かったです。

石井ゆかりさんの占い特集号
毎年、売り切れ必至。

気になる方は、お早めに手に入れて下さいね。
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2014年 01月号 [雑誌]

2014年の手帳はこれで決まり♪
⇒石井ゆかりさんの『星ダイアリー』〜月の満ち欠けも惑星の運行もすべてわかる!
記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします。


書評・レビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

この記事へのコメント
突然のコメントを失礼いたします。
「喪女のための本のある生活スタイル」というサイトを運営しているoomuraminaと申します。
この度、こちらのサイトを拝見させて頂き
ぜひ相互リンク・相互RSSをお願いしたくご連絡させていただきました。

誠に勝手ながら、先に以下サイトの左サイドバーにリンクを貼らせていただきました。
http://blog.livedoor.jp/oomuramina/

お手数ですが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます。
よろしければ、当サイトと相互リンクを結んで頂けないでしょうか?
ご検討の程、よろしくお願いいたします。
Posted by oomuramina at 2013.11.29 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。