月子トップ画4.jpg

〜「幸せのツボ」をピックアップ♪ 月子厳選特設会場〜

★【全部無料】2017年の占いのチェックはこちらでどうぞ♪★

2016.09.26

2017年のスケジュール帳はシンプルに「マンスリー」。『ムーンプランナー』『星ダイアリー2017』と3冊使いをする理由


2017年度のスケジュール帳を購入しました。最近は10月始まりの手帳も多いので、今から要チェックですね。人気のものは早々に売り切れたりするので(^_^;)
切り絵の美しいデザイン、手のひらサイズ、使い勝手が気に入って、ここ5年くらいは同じシリーズを愛用。
↓  ↓  ↓
16-09-17_001.jpg
⇒A.P.J. 2017年手帳 切り絵デザインダイアリー グリーン 10月始まり マンスリー A6変形サイズ


毎年、少しずつカラーやデザインの展開が違うのも楽しみです。今年は2種類ある中からグリーンをチョイス。最初はウィークリータイプを使用していたのですが、今はマンスリーのみにして、こちらと併用しています。
↓  ↓  ↓
16-09-17_002.jpg
⇒ムーンプランナー

1週間、1ヶ月というカレンダー的区切りではなく、月の満ち欠けをベースにページが構成されています。どの見開きページも新月か満月から始まるのです。つまり、「満ちていく時間」「欠けていく時間」それぞれを意識しながら過ごせるというわけ。満月、新月、上弦、下弦の日は、少しスペースが広くなっていて、たくさん書き込みできるのもgood!

私は、切り絵のダイアリーに「予定=確定事項」を書き、ムーンプランナーにその日あったこと、気分を書いています。新月や満月には信頼する占い師さんの「星読み」で気になったフレーズを書き込んだり、上弦の月や下弦の月のときは修正ポイント、仕切り直しポイントを書いてみたりなども。自分の内面との対話をムーンプランナーでしているのです。


これで「社会的な世界が刻む時間」と「月が刻む時間」、2つをリンクさせながら生きやすくなりますよ♪ムーンプランナーの各ページ下には、大事な星の動きや蝕についてなども書かれているので、計画を立てたり、打って出たりするタイミングの参考にもなります。


あと、例年通り、こちらも予約済み♪⇒『星ダイアリー』2017水瓶座(石井ゆかり)

私の場合、『星ダイアリー』はダイアリーやスケジュール帳として使うのではなく、石井ゆかりさんの「メッセージ」を読みたいから購入しています。「筋トレ」の年報と『星ダイアリー』を読むことで、新しい1年の「未来地図」を自分なりに描くのが恒例の行事。もちろん、すべてがスムーズにいくわけではないけれど、白いキャンバスに「夢」を描くのは、とっても価値ある贅沢な時間だと思っています。

2016年版はこちらで紹介⇒石井ゆかりさんの占いを活用して、2016年の夢を叶えるオリジナル『星ダイアリー』を作成♪

2017年版は、各星座別に分冊になって登場!占い情報部分が増えたそうなので、とても楽しみで待ち遠しいです。

私は『星ダイアリー』に加えて、『3年の占い』も折に触れて読み返しています。人生を「点」ではなく、「点」と「点」を結んだ「線」として理解するのに、とっても役立つのでオススメです。


ここ数年、大きな「変容」を迎えている人、ひと皮剥けたい人は読むとヒントが得られるかも。⇒『3年の占い』(石井ゆかり)のレビュー★2015年〜2017年、幸運とチャンスを味方につける必携書です

先々のことを考えるのは楽しいですが、2016年の残り3ヵ月も大事な時間。瞬間瞬間を楽しみながら、2017年への架橋となるような行動を意識していきたいですね。






記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします。


書評・レビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ありがとうございました。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。