月子トップ画4.jpg

〜「幸せのツボ」をピックアップ♪ 月子厳選特設会場〜

★【全部無料】2017年の占いのチェックはこちらでどうぞ♪★

2016.10.18

「0学占い・水星・2017」(御射山令元/ディスカヴァー)で確認。2017年は仕事運と金運に恵まれるらしい♪


ここ数年は、石井ゆかりさん・橘さくらさんを筆頭に西洋占星術に関心が行っていたのですが、結婚前は、こちらの占いを信奉していました。

「0学占い」です。気になる本が出ていたので、久しぶりに覗いてみることに。そしたら、やっぱりその奥深さに魅了されてしまいました(#^.^#)
↓  ↓  ↓
16-10-18_005.jpg
「0学占い 水星 2017」(御射山令元/ディスカヴァー)

こちらの本には、各星の特徴と共に、2016年後半(10〜12月)〜2017年の細かい年運・月運・日運が記されて、これで本体700円はお買い得というボリューミーな内容♪


そもそも「0学占い」に興味を持ったのは、父が仕事の関係上、長年購読していた日刊スポーツで連載していた故・山本令菜さんが素晴らしかったから。毎年の初めに特集される年間占いは必読でした。後年、「Hanako」などの雑誌や書籍、テレビなどでも大活躍されていました。


今回の本は、令菜さんの師匠であった0学占いの開祖・御射山宇彦氏の嫡男が執筆したとのこと。


0学占いは、単なる占いというよりも、運命分析学と言ったほうがいいかもしれません。さまざまな占術を研究し、膨大な鑑定例をもとに、物理化学の手法を取り入れて体系化されたと言われています。国に方式や早見表の特許を許可された唯一の占いとも言われ、政財界からも厚い信頼を寄せられているとか。


生年月日から割り出す「運命数」によって、12の支配星に分かれているので、本を買いたい場合は、こちらでまず調べてみてください。⇒ヤフー 0学占い


そして、運勢は12年サイクルで繰り返されるというのが基本的な考え方です。この12のサイクルは、年単位だけでなく、月単位、日単位でも巡ります。だから、年運がいい年であっても、イマイチ運が向かない日もあるし、逆に運がいい年であっても、この月、この日は要注意というのも存在します。

実は、私1年の中で「あまり得意でない月(季節)」があれば、「決まって、ワクワクするようなことが起こる月(季節)」ってあるんですよね。それが見事に0学占いのサイクルと合致するんです!


そして、夫と結婚した年は最高に結婚が良いとされた年♪

さらに、今年は「再開」という年回りなのですが、これは以前縁のあった人、もの、ことと再会して新たな関係性を結んでいくのに最適な年と言われています。このタイミングで「0学占い」との再会を果たしたのも、何かの運命としか思えません(笑)


来年は、水星の私にとって「経済」という年回りで、そのものズバリ金運、仕事運の上昇が見込める年。あと2年で運勢が冬に入り冷え込むタイミングなので、しっかり蓄えを作っておくためにも、0学占いを活用していきたいと思います(#^.^#)

一度読むと、虜になること間違いなしの「0学占い」。興味のある方は、ぜひお手に取ってみるとよいですよ♪⇒「0学占い 2017」(御射山令元/ディスカヴァー)

2016年はまだ残り2ヶ月半ほどありますが、空間はすでに来年の空間との入れ替わりを始めているそうです。ここからの行動は、来年を見据えながら、種まきしたり、調整したり、断捨離したり、軌道修正したりが必要になるのでしょう。

来春のバージョンアップを目指して、粛々と過ごしていきたいですね。






記事がお役に立ったら、ポチッとお願いします。


書評・レビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ありがとうございました。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。